勝手なブログ!

BOΦWY・ヒムロック・布袋寅泰・80'sロックを中心とした勝手なブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとご協力おねがいします。

おくらばせながら10.2 グリーンドーム前橋 ツアーレポ 最終回

[ライブツアー] ブログ村キーワード
king swing
多少なりともこのブログを楽しみにしてくださっていた皆様
今回の更新が大幅に遅れましたことを、この場をお借りして
お詫び申し上げますm(_ _)m

氷室京介のBOOWY時代の名言の一つをお借りして代弁しますと
フォークのバンドじゃねーんだから
ジメっとすんのはにわなねーと思うからぁ!!
ビシッと送るぜぇ!!!!

はい、ではビシっと送ります。

私的に直接ライブを体験し、なおかつさまざまなところでの
ファンによるコメント、および情報をもとに感想をいいますと、
まず、アーティスト、氷室京介の存在感には圧倒されました。
ご本人も、インタビューなどで年齢からの体力の衰えはある
と発言されてましたが私から見た限り、ご本人からしたら
他人からは気づきにくいレベルでの衰えはあるのでしょうが
とぉてぇも!50歳をむかえた人の声量とは思えなかったですし
体型もあり得ないぐらいシャープで、ただただすげぇ!!!
の一言でした。

―で、ツアータイトルの「ROCK'N'ROLL SUICIDE」です。
自殺行為(笑)。ツアー途中で50歳に突入するわけで。

氷室「デヴィッド・ボウイの曲にもありますけどね。
スーサイドミッションという言葉があるんですよ。
絶対不可能な仕事をするという。50歳で50本。
可能性はないかもしれないけど、心意気でぶつかってゆく。
フィフティ・フィフティ、我ながら良いタイトルだなと(笑)
精神的には多分、昔と全然変わってないと思うんですよね。
誰かが50にして天命を知るって言ったらしいんですが、
知りてえよ!(笑)。それこそさっき言いましたけど、
一歩進んでは壁にぶつかり
毎日狂ったように煮詰まっているわけですよ。
そこは何も変わってないですけど
ただ、体力だけは落ちてきますよね。
どう都合つけてゆくのかという。ただ、ある意味で、ラッキーなことに
自分が音楽をまだ続けたいということを許されている権利は与えられているわけで。
それは俺がやってきたことがラッキーにも周りの人に認められた部分があるから成立しているんだと思うのね。
だからここまで来ると逃げちゃまずいと思う。例え、坂本龍馬じゃないけど、前のめりに倒れるべきだと思うんですよ。そこを最後まで持って行ければ。世間がどう思おうが、自分に対して、自分がこれほど駄目になってしまったと恥ずかしくならない程度には頑張る」

―何年か前にお腹が出て
動けなくなったら辞めるといってましたが。


氷室「今回のツアーで腹が出てたら辞めるべきでしょうね」

―大丈夫、全然出てませんよ(笑)。

「出てきますよ。昔とは同じに走れないし
あんなに走ったら死んじゃう。それはそれですよね。
年を取るっていうことは。でも、年を取っても他の50歳と喧嘩した時には絶対負けちゃいけないわけで。それが出来なくなったら辞めるつもりでいますよ。もう公言しても良いけど」

これはKYOUSUKE HIMURO PRIVATE MAGAZINE No38
に掲載されていたインタビューの一部なんですが
グリーンドームで観たときも
まさに氷室本人の心意気をこの通り表現されていたのではないかと思います。
といいますか、各地方で観た方すべてにこの心意気はつたわっているのではないかと思っています。

まだまだツアーの真っ最中です!
これからの日程でツアーに参戦される方
あるいはすでに参戦された方も
これからの氷室をさらに応援し続け、追って行けたら良いですよね。

かっこがいいよお前はいつでも~♪
BOOWYの名曲の歌詞ですがまさに氷室カッコヨシ!!!
まさにWE ARE HIMURO です!!!

そんなBOOWYの名曲を
ソロになってもときどき披露する氷室のROCK!!
私は大好きです。超カッケーです!!!




スポンサーサイト

ぽちっとご協力おねがいします。

10.2 グリーンドーム前橋 ツアーレポ その2

[ライブツアー] ブログ村キーワード
グリーンドーム
ご無沙汰してました。忙し・・・、
いや、言い訳はぬきにして
私も10/2からの数日はKO状態
(体力は問題なかったのですが精神的に)
でかなりやられておりましたが
やっと日常に順応してきましたので
どんどんいきましょう!

前回はお目当てのヒムロック登場までを書いてまいりましたが
今回はそのつづきで。

一曲目はアルバム収録曲 Rock'n'fRoll Suicideでぶっちぎり、
それからは、

とりあえずセットリスト↓

01.Rock'n'fRoll Suicide
02.Doppelganger
03. BANG THE BEAT
04. PARACHUTE
05. Weekend Shuffle
06. SILENT BLUE
07. ONE
08. STORMY NIGHT
09. MISSING PIECE
10. DON'T SAY GOOD BYE
11. MOON
12. The Distance After Midnght
13. My Name is TABOO
14. 忘れてゆくには美しすぎる
15. NO MORE FICTION
16. LOST WEEKEND
17. TASTE OF MONEY
18. WILD AT NIGHT

EN
01. Sarracenia
02. In The Nude
03. Say something
04. WILD ROMANSE

途中のヒムロックMC
「帰って来たぜ!!」
しびれました!!!
私、思わず「おかえりぃ!!!!」
叫びました。
ヒムロック
「(微笑)おかえりって、前橋は俺の地元じゃなくて、隣町の高崎ってとこなんだけど…」
場内も(笑)
ヒムロック
「今日は前橋からはもちろん、高崎からも来てくれてるヤツいるとおもうけど
ほかにも横浜からも来てくれたヤツも・・・」だったかな?
ヒムロック
「今日は関越自動車道にのって自分の車でかみさんの運転で来たんだけど、
途中、何台か氷室京介ってステッカーはってる車みかけて・・・」
ヒムロック
「今回はLAの風を入れた作品に仕上げて…」だったような?
私の記憶している限りはたしかこのようなコメントをしてました。

そして、ヒムロック本人も言っていたレアな一曲MISSING PIECEから数曲
スローバラードを披露し、後半へ。

LOST WEEKENDからはもうかなりトバして沸点に向かってった感じでした!
WILD AT NIGHTあたりはもう
WILD
WILD
WILD
WILD AT NIGHTの大合唱で…!!!

それから満をじしてアンコールですね。
Sarraceniaでしんみり聴かせていただいたと思いきや
In The Nude、Say something
ラストのWILD ROMANSEはもう
キターーーーーーーーーー!!!!!

燃え尽きました・・・。
なにしろびっくりしたのはヒムロックの年齢をかんじさせない声量と
動きはすごい元気をいただけました。

私的に感じた総評はもう一回次回に引っ張らせてくださいwww

そんではアンコールでも大いにもりあがったこの一曲


群馬もこのぐらい、いやこれ以上に盛り上がった!!!!!


にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
ポチ、ありがとうございますm(_ _)m


ぽちっとご協力おねがいします。

氷室京介 10.2 グリーンドーム前橋 ツアーレポ

[ライブツアー] ブログ村キーワード
ツアコン
先日、ついに行ってまいりました!生氷室を体感しに!!
まだ自分のなかでは熱がさめませんので
いまのうちに書き込んでおきたいとおもいます!

私は午後3時30分ごろ現地入りしました。
しかし、もうすでに駐車場にはたくさんの来場なされた車で7割以上
埋め尽くされており、さすがの雰囲気でした。
地元群馬ナンバーはもちろんですが、隣近県や
遠いところでは九州のナンバーまでみうけられました。

そして、私たちは入場ゲートに向かったのですが
この時の印象はなんと言いますか、こられていた皆さんは
スタイル的にモノトーンできめてらっしゃったのが多かった
です。私もそんな感じの着こなしでしたが
名付けてhimuroブラックとでもいいましょうか・・・。
すでに一体感アリアリで・・www

そして午後4時30分に開場されるまでには
もうすでに長者の列で、私的にすでにテンションはアゲアゲになり
QRコードでの入場をすましました。

入場をして、自分たちの席を確認し
(アリーナSブロック 24列 71、72、73番でした)
そうそう、その時の印象ですが会場内全体が
なんといいますか、霧がかったというか
ミスト?スモーク?がたかれたような
いま思えばあれはステージからはなつライト効果を上げる
演出の一部なんですけど、それがまたテンションを
バチバチ上げさせてくれました。

会場の作りは、そうですねぇ、グリーンドームの
円を半分切った中央にステージがあり
そこから扇状にひろがって見渡たせる感じでした。
3階席は半分よりは少し狭めた感じに座席が設定されてましたね。

そして午後5時30分の開演を待つばかりとなったのですが
もう私はドキドキしていたせいか随分長く感じましたね。

そして、そして予定時間になり、場内のアナウンスが
流れたとき、会場のオーディエンスのボルテージが一気に
たかまりだしました。
イントロダクションが流れ、DAITAさん、毅さん達バンドメンバー
がうっすら暗い状態で登場し、
ステージバックのVJモニターに
一文字ずつBORDERLESS "50×50 ROCK'N'ROLL SUICIDE
とあらわれる演出、そして・・・
まってましたぁ!!!ひっ氷室ぉ~!!!!
大声援です!!!!!私もまけずにもてるだけの大声で
ヒムロックーーー!!!
震えました!

つづく(笑)


にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
ポチ、ありがとうございますm(_ _)m



ぽちっとご協力おねがいします。

 | ホーム |  »»

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sponsored Link

ryooooo32

Author:ryooooo32
お祭り・プロレス・ヒムロック・ゴルフ・家族・友人・イタリアングレーハウンド・群馬をこよなく愛するアラサー。

ツイッターにも参入中!


WEBデザイナー


アフィリエイトも目指し驀進中!

ryooooo32/followers

Twitter ブログパーツ

リンク



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
ネットで儲ける時代
ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
282位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。